2013年01月01日

青空文庫に柳田国男「遠野物語」、吉川英治「私本太平記」など登場

ADPOINTPRO-MOBILE-



 著作権が切れた文学作品などを無償公開する「青空文庫」に1月1日、同日で著作権保護期間が終了した柳田国男や吉川英治、室生犀星ら12人の作品が公開された。

【写真:公開された「私本太平記」】

 元日に公開されたのは秋田雨雀「三人の百姓」、飯田蛇笏「秋風」、小倉金之助「黒板は何処から来たのか」、西東三鬼「秋の暮」、妹尾アキ夫「凍るアラベスク」、土谷麓「呪咀」、中谷宇吉郎「雪」、正木不如丘「健康を釣る」、正宗白鳥「心の故郷」、室生犀星「抒情小曲集 04 抒情小曲集」、柳田国男「遠野物語」、吉川英治「私本太平記 01 あしかが帖」。各作家の他作品も公開に向けた作業リストに登場している。

 著作権が保護される期間は著作者の死後50年。期間の計算を簡便にするため死亡の翌年の1月1日から起算されることから、保護期間が終了するのも元日となる。

 青空文庫は、著作者の死後の著作権保護期間を70年に延長しようという動きに反対し、2005年から、パブリックドメインとなった作品を元日に公開している。

 青空文庫の呼び掛け人、富田倫生さんはサイトで、吉川英治作品の公開についての期待が高かったことなどを述べている。電子書籍とタブレットが人気となった昨年は、青空文庫の利用者が増えたことを実感したという。

 電子書籍ストアに青空文庫のファイルが公開されると「水増し」などと指摘されたことに対し、「仲間内では、以来、青空文庫を「水」と呼ぶことが流行った」という。「私たちの活動の目的は、著作権の切れた作品を、使い回しの効くテキストに仕立てて、社会の資源として利用してもらうことだ。四方八方に流れて、そこで人を潤そうと目指すのだから、水は青空文庫のあり方にふさわしい」

 環太平洋経済連携協定(TPP)参加問題で、再び著作権保護期間の延長を要求される可能性が出てきている。富田さんは「だが、たよりなく、まどろこしくは感じられても、デジタルアーカイブでできることを積み上げ、たくさんの人とともにその成果に潤され、その意義を強く自覚することこそ、もっとも根底的な延長への批判たりうるのではないかと思う」と記している。









引用:青空文庫に柳田国男「遠野物語」、吉川英治「私本太平記」など登場



posted by mokapapa0131 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新音楽ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

外国メディアからどよめき、自演乙が“ミクコス”で登場=GLORY

ADPOINTPRO-MOBILE-



 大晦日格闘技スペシャル「DREAM.18&GLORY4」(31日、さいたまスーパーアリーナ)をいよいよ翌日に控えた30日、東京都内のホテルで前日会見が開かれた。
 今大会は日本発の総合格闘技イベント「DREAM」と、欧州最大のキックボクシングイベント「GLORY」による合同大会。第1部がDREAM、第2部がGLORYとして開催され、GLORYではピーター・アーツ、セーム・シュルト、レミー・ボンヤスキーらヘビー級のトップ16選手が出場する過酷なワンデートーナメントが行われる。

 一方、スーパーファイトでGLORYに参戦する長島☆自演乙☆雄一郎は、初音ミクのコスプレで会見に登場。あまりにも場違いな格好に、自演乙がマイクを握ると、主に外国人メディア・関係者からどよめきの声があふれた。
 しかしながら自演乙は、そんな空気にもまったく動じることなく「なぜ僕がこんな格好をしているかというと、コスプレイヤーでありヲタクだからです」と、戸惑う外国メディア・関係者に向けた自己紹介をさりげなく挟みつつ、「入場から試合まで、僕が一番面白くします!」とヘビー級トーナメントを食ってしまうベストバウトを予告した。









引用:外国メディアからどよめき、自演乙が“ミクコス”で登場=GLORY



posted by mokapapa0131 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

昼間のTVドラマで活躍した松木路子さん

ADPOINTPRO-MOBILE-



<松木路子さん>

 1970年代初め、数多くの昼帯ドラマ(現在の昼ドラ)のヒロインとして、清純派から不倫愛まで見事に演じ分け、“昼帯の女王”と呼ばれた松木路子さん。その後、時代劇にもちょくちょく登場していたが、最近はとんと姿を見ない。今どうしているのか。

「“ちょっとお嬢ちゃん、こっちにいらっしゃい!”と街で声をかけられ、写真を撮られたのが19のとき。それがカメラマンの大巨匠、秋山庄太郎先生(故人)だったの。その写真が週刊読売の表紙を飾り、ライオン奥様劇場『罪人形』に出るきっかけになった。それからはトントン拍子で、5、6本の昼帯で主演したのかしら」

 新宿駅に近いカフェで会った松木さん、こういって微笑した。

 え〜と、その前にちょっと待っていただきたい。正直、記者は松木さんの実年齢を知っている。読者も、「60代半ばかな」と想像はつくだろう。しかし、目の前にいる女性はどう見ても50代、それも前半。ナマ美魔女に初めてお会いした。
「フフフ、『罪人形』の監督だった主人(永野靖忠さん)と結婚して2人の子供ができてからは引退同然だったわ。ところが、20年ほど前に主人が肝臓がんで急死して。おまけに主人の治療費で貯金も底をついちゃったでしょ。で、三鷹にあった32坪の自宅を売り払い、吉祥寺に同じ坪数の3階建てを建て、1階をブティックにしたの」

 それと同時に女優に復帰した。
「ブティックとの二足のワラジは10年ほど続けたけど、経営のストレスで胸の下に帯状疱疹(ほうしん)ができたり、経理をごまかされたりといろいろあって大変だった。今はお貸ししてて、直接タッチはしてません」

 次に始めたのが結城紬(つむぎ)の着物ブランド「和輝愛愛」のデザイナー。100点ほどのデザインを手がけた。が、こちらは東日本大震災によって売り上げが急減し、去年5月に親会社が倒産。
「そう、やってはツブれの繰り返し。今は細々と、お客さんに頼まれたときデザインするくらいね。でも、このくらいじゃへこたれない。今は杉並のマンションに引っ越し、そこで生まれ故郷、博多のお料理を教える教室を開いてるの」

 キリスト教徒向け週刊紙クリスチャントゥデイで「路子の簡単愛情レシピ」を連載している。

 また、さらにこの10月からは化粧品業界にも進出。「Manna Michiko」なるブランドを立ち上げ、開発したクリームは“毒蛇エキス”がウリだとか。
「これがプチ整形並みにシワやシミが消える、スゴいクリームなのよ。間もなくネット販売しますから、奥さまやお嬢さまに教えてあげてちょうだい」

 来年は劇場用映画出演の予定もあるそうだ。
「それと今、特に力を入れてるのが1944年8月22日、多くの疎開児童たちを乗せて沖縄から日本本土へ向かう途中、鹿児島県沖でアメリカ海軍の潜水艦の攻撃を受けて撃沈され、1482人もの犠牲者を出した対馬丸の悲劇を伝えること。その朗読を通じて平和や命の大切さを訴えたいのよ」

 来年3月17日、朗読と歌のCD「永遠(とわ)の平和(しあわせ)〜対馬丸の母の祈り」を発売する。

 39歳の長男は吉祥寺でバーを経営し、5歳になる孫が1人。36歳の次男はプロゴルファーの永野敦朗だ。




日刊ゲンダイ







引用:昼間のTVドラマで活躍した松木路子さん



posted by mokapapa0131 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新その他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。