2012年12月13日

昼間のTVドラマで活躍した松木路子さん

ADPOINTPRO-MOBILE-



<松木路子さん>

 1970年代初め、数多くの昼帯ドラマ(現在の昼ドラ)のヒロインとして、清純派から不倫愛まで見事に演じ分け、“昼帯の女王”と呼ばれた松木路子さん。その後、時代劇にもちょくちょく登場していたが、最近はとんと姿を見ない。今どうしているのか。

「“ちょっとお嬢ちゃん、こっちにいらっしゃい!”と街で声をかけられ、写真を撮られたのが19のとき。それがカメラマンの大巨匠、秋山庄太郎先生(故人)だったの。その写真が週刊読売の表紙を飾り、ライオン奥様劇場『罪人形』に出るきっかけになった。それからはトントン拍子で、5、6本の昼帯で主演したのかしら」

 新宿駅に近いカフェで会った松木さん、こういって微笑した。

 え〜と、その前にちょっと待っていただきたい。正直、記者は松木さんの実年齢を知っている。読者も、「60代半ばかな」と想像はつくだろう。しかし、目の前にいる女性はどう見ても50代、それも前半。ナマ美魔女に初めてお会いした。
「フフフ、『罪人形』の監督だった主人(永野靖忠さん)と結婚して2人の子供ができてからは引退同然だったわ。ところが、20年ほど前に主人が肝臓がんで急死して。おまけに主人の治療費で貯金も底をついちゃったでしょ。で、三鷹にあった32坪の自宅を売り払い、吉祥寺に同じ坪数の3階建てを建て、1階をブティックにしたの」

 それと同時に女優に復帰した。
「ブティックとの二足のワラジは10年ほど続けたけど、経営のストレスで胸の下に帯状疱疹(ほうしん)ができたり、経理をごまかされたりといろいろあって大変だった。今はお貸ししてて、直接タッチはしてません」

 次に始めたのが結城紬(つむぎ)の着物ブランド「和輝愛愛」のデザイナー。100点ほどのデザインを手がけた。が、こちらは東日本大震災によって売り上げが急減し、去年5月に親会社が倒産。
「そう、やってはツブれの繰り返し。今は細々と、お客さんに頼まれたときデザインするくらいね。でも、このくらいじゃへこたれない。今は杉並のマンションに引っ越し、そこで生まれ故郷、博多のお料理を教える教室を開いてるの」

 キリスト教徒向け週刊紙クリスチャントゥデイで「路子の簡単愛情レシピ」を連載している。

 また、さらにこの10月からは化粧品業界にも進出。「Manna Michiko」なるブランドを立ち上げ、開発したクリームは“毒蛇エキス”がウリだとか。
「これがプチ整形並みにシワやシミが消える、スゴいクリームなのよ。間もなくネット販売しますから、奥さまやお嬢さまに教えてあげてちょうだい」

 来年は劇場用映画出演の予定もあるそうだ。
「それと今、特に力を入れてるのが1944年8月22日、多くの疎開児童たちを乗せて沖縄から日本本土へ向かう途中、鹿児島県沖でアメリカ海軍の潜水艦の攻撃を受けて撃沈され、1482人もの犠牲者を出した対馬丸の悲劇を伝えること。その朗読を通じて平和や命の大切さを訴えたいのよ」

 来年3月17日、朗読と歌のCD「永遠(とわ)の平和(しあわせ)〜対馬丸の母の祈り」を発売する。

 39歳の長男は吉祥寺でバーを経営し、5歳になる孫が1人。36歳の次男はプロゴルファーの永野敦朗だ。




日刊ゲンダイ







引用:昼間のTVドラマで活躍した松木路子さん



posted by mokapapa0131 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新その他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

「調整しなければならないことだらけ」...ナンバープレート改革

国土交通省が立ち上げた「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」(座長=杉山武彦運輸政策研究所所長)が26日、中間とりまとめを公表した。 同省は中間とりまとめを受け、ナンバープレートの形や表示方法の変更について国民からパブリックコメントを募集、4月24日まで意見を受け付け、今年の夏を目途に最終的な結論を出すとしている。 今回示されたナンバープレートのイメージは2つあり、どちらも今までの登録番号のほかに、陸運局をアルファベットで示す新しい要素を取り入れているが、目を引くのはその形だ。 1つは、地域などを示す分類番号と登録番号を2段に表示した従来型。もう1つは、欧州のナンバープレートを想起させる横長型で、分類番号と登録番号の表示は1列になっている。報道各社が横1列のナンバープレートを取り上げたように、注目を集めたのは後者だった。 しかし、今回のナンバープレート改革について、同省自動車局自動車情報課の担当者は「すぐに変わるように思われると申し訳ない」と語る。新しくナンバープレートの形状を変更することは容易なことではなく、「調整しなければならないことだらけ」であるという。 「表示や形式が固まった後には、まず各運輸局が所管するデータベースを改修できるのかという課題がある。そのための予算を取り付けたとしても、その次に待っているのは、ナンバープレートの取り付けをどうするかという課題が待っている。新規登録車両には、新形状のプレートで対応していただくとしても、中古車に新しいナンバーを取り付ける場合に、それが可能かということを車両メーカーや様々な関係者と検討しなければならない」 二輪車や四輪軽自動車が除かれるため、今回対象とされる登録車両は、乗用車を中心とした約4800万台。新規登録に加えて、その車両が売買などでナンバーを取り替えていくため、従来型のナンバープレートから脱却するのは簡単なことではない。 さらに、自動車保険を取り扱う保険会社や共済、意外なところでは、駐車場関係者にも影響は広がる。前出の担当者は、「自動車保険やレンタカーの契約では、契約者本人の名前に加え、車両番号などで管理をしている。データベースに新たな要素が加わった数字やアルファベットを入力させるためには、大幅なシステム改修が必要」と話す。 駐車場関係者などが気にするのは、ナンバープレート情報の読み込みだ。有料道路の料金所レーンや一部の駐車場の出入口では、ナンバープレート情報を自動的に読み込み、料金請求などに役立てている。 ところが、実際に読み取っているのは数字や文字の意味ではなく、あらかじめコンピュータに記憶させた文字の形とナンバープレートの描かれた文字のイメージとの照合によって判定している。想定される文字が決まっている従来型のナンバーであれば、変化に追随することもできるが、記憶させなければならない文字が増えすぎると、システムが対応できなくなる可能性がある。 新たなナンバープレートが世に出るためには、それらの課題をすべてクリアしなければならない。では、新たなナンバープレートは、いつ世の中に出てくるのか。関係者の間では、そもそも世の中に登場できるかという悲観する声もあるという。 《レスポンス 中島みなみ》 【関連記事】 横長ナンバーはいかが? 国交省懇談会が意見募集 ゼルダの伝説なナンバープレート 【東京モーターショー11】人気の数字、3ナンバー車と5ナンバー車で違う ナンバープレート展 シボレー ボルト、中国自動車技術研究センターと実証実験へ 国土交通省(国交省) 特別編集 引用:「調整しなければならないことだらけ」...ナンバープレート改革
posted by mokapapa0131 at 02:10| 最新その他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

「南京事件はなかった」という河村市長を、黙らせたのは誰だ?

窪田順生の時事日想:  物事には必ずコインのように表と裏がある。それはビジネスも然り。詐欺や裏取引、あるいは法の網を巧妙にかいくぐったグレー商法……。もちろん、それらは断罪されてしかるべきだが、そんな「裏」から若きビジネスパーソンが学ぶことは多い。人々が何を欲し、社会には何が足りないのか。つまり、日本経済の「裏」を知ることができるからだ。 【他の画像】  火曜日の時事日想は、テレビ、全国紙、週刊誌といういわゆるニュースの現場を経験してきただけではなく、実話誌などで裏ビジネスなどの取材を続けてきた筆者が、巷にあふれる事象を「裏」から読み解いていく。  世の中には口にするのも憚(はばか)られるというか、ちょこっとふれただけでも袋だたきにされるテーマがある。  最近では「南京事件」がこれにあたる。2月、名古屋市と友好都市である中国・南京市の使節団が表敬に訪れた際、河村たかし名古屋市長が「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と口にして大騒ぎになったのでよくご存じだろう。  SKE48の出演イベントは延期し、中国の全人民代表会議は「南京大虐殺否定罪」を制定しようという話も出た。あらゆる方向へと飛び火をしたこともあり、マスコミはさっさと発言撤回をして謝っちまえみたいな論調が目立ったが、案の定というかやはりここにも「裏」がある。  市長のことは国家議員時代から連載コラムや著書を手伝っている縁でよく知っている。みなさんからすると、「みゃーみゃー」とうるさくて、いかにもポロッと「失言」してしまいそうなイメージかもしれないが、ああ見えて意外と思慮深い。理由もなく遠路はるばる訪れた客人にケンカを売るような非礼はしないはずだと思って、本人に直接事情を聞いてみた。 ●南京市幹部が「ニコニコ」していた理由  「昨年から南京市とさらに友好を深めるため、南京事件についての討論会を開こうということで調整中だったんですよ。『30万人の虐殺はなかった』というワシの考えは信書で既に先方に渡している。そういう流れのなかの発言で、これから互いに意見交換をしようという第一歩だった。だから、あちらの使節団もぜんぜん怒っとりゃあせんでニコニコしとったよ」  その場に同席していた者や、市長の信書を南京の共産党幹部に渡した者にも裏をとると、確かに事実だった。マスコミが騒いでいるように「失言」が元凶であれば昨年、「南京事件はなかったのではないか」という信書を受け取った段階で南京市側は猛抗議していなくてはならない。  なぜそれをやらなかったのか。そこには南京の事情がある。実は南京は電子情報、石油化学、自動車、鉄鋼の4つを主要産業としており、多くの外資系企業が進出しているものの、日本企業がケタ違いに少ない。要するに、日本企業に来て欲しい南京としては、あまり些細なことで事を荒立てたくないというのがホンネなのだ。 画像:市長選挙出発式のようす、ほか(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/27/news006.html)  事実、尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件が起きて日中友好イベントが各地でキャンセルされるなか、南京だけは地元市民が現地の日本人留学生約100人を招き中秋節を祝う月見の宴を開いている。  河村たかしの発言に「ニコニコ」していたのは、南京のみなさんが人がいいからではなく、そのような目的があったからだ。 ●取材申し込みに珍しく「かんべんしてちょうよ」  じゃあなんであんな大騒ぎに? と首をかしげる人も多いだろう。中国で長くビジネスをしている経営者は、その疑問にこう答える。  「中国の反日感情の強い人々は、常に日本のニュースをチェックして何か問題がないか探している。彼らが騒げば、中国共産党としては正式に抗議をしなくてはならない。抗議をしないと、その不満は自分たちに向けられてしまう。共産党としてはそれが一番怖い」  つまり、中国共産党も南京市もさして気にしていなかったものを、日本のマスコミが「問題」に仕立て上げたという構図だ。発言した背景や文脈を無視し、一部分だけ切り取って大騒ぎする。これまでも多くの政治家を葬り去ってきた“殺人フルコース”を河村たかしも食らってしまったというわけだ。  当初は「発言は撤回しない」と気丈にふるまっていた市長だが、先日インタビューを申し込んだらこんなことを言われた。  「いろんなところから『言わんでくれ』と言われとるから個別インタビューは受けないということにしとる。かんべんしてちょうよ」  珍しく奥歯にもののつまったような弱気な発言に、何があったのかと地元メディアに聞いたところ、市長を黙らせた人々の正体が見えてきた。  「市に寄せられたのは、よくぞ言ったという激励の意見の方が多いのですが、猛烈なクレームもあった。その多くは中国ビジネスをしている企業からです」 ●河村たかしの代わりに頭を下げた日本人経営者  この話を裏付けるような出来事があった。3月14日、新華社南京によると、日本企業の社長が南京大虐殺記念館を訪れて深々と頭を下げ、生存者支援のためにとして100万円を寄付してこのような発言をしたというのだ。  「河村市長の発言に、長年、日本と中国の友好交流に力を入れてきた日本の企業家たちはひどく心を痛めた」  この企業は中国の白物家電大手ハイアールと関係が深いことから「自作自演」などネット上では叩かれたが、南京でビジネスを展開している企業からすれば「よくぞやってくれた」というのがホンネではないか。  先ほど南京には日本企業の進出は少ないと言ったが、それでも名だたる大企業が中国国内を生産拠点にしている。例えば、マツダは2007年に南京工場を稼働以来、昨年9月には生産能力を24万台に増強している。シャープも十年以上前から南京で液晶パネルの生産を行っており、2009年のシャープのリリースに『「南京クリスタルバレー」が構築されるのを期待しております』と力の入れようがうかがえる。これらの企業からすると、「もう余計なことは言うな」と河村市長の口を抑えたくなるのは当然かもしれない。 ●ロスの高校生たちが学ぶ「日本は40万人虐殺した」  広島長崎の原爆で亡くなった人を上回る「30万人虐殺」についてはいまだに議論があるが、ひとつ言えるのは、河村たかしを黙らせたり頭を下げさせたところで、問題の本質はなにも解決されないということだ。マスコミは報じないが、実は河村たかしが南京市と討論会をやろう と思い立ったのには、彼なりの「大義」がある。「かんべんしてちょうよ」とインタビューを断る数日前、市長は私にこんなことを言った。  「一昨年、姉妹都市のロスから“ミス二世”のキレイな女の子が表敬訪問に来たんですけど、彼女に『日本は南京に残忍なことをした。市民を40万人も殺したんですよね』と言われた。市で調査したら、あっちの高校の副読本に確かにそう書いてある。中国より米国の方が増えてんだ。こういうところをハッキリさせんで真の友好なのか」  今の子どもたちが大人になる頃、この数字は50万人に膨れ上がるかもしれない。取引先を守るというのは商売人の鉄則だが、未来を見越して動くというのもまだビジネスなのではないだろうか。(一部敬称略) [窪田順生,Business Media 誠] 【関連記事】 「従軍慰安婦」抗議からみえる、日本で起きるデモの未来(前編) なぜ中国人は「ごめんなさい」と頭を下げないのか なぜ中国大使館前の抗議は「定員5名」なのか 引用:「南京事件はなかった」という河村市長を、黙らせたのは誰だ?
posted by mokapapa0131 at 23:38| 最新その他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。